社員採用情報トップ > 採用情報 > 研修制度

研修制度

店長になるために、「入社時研修」「時間帯責任者育成研修」「ホール・キッチン責任者研修」「店長副店長育成研修」を受講していただきます。
また、店長業務(=経営者としての知識)を確実に把握できるように「ハンドブック」を使用していただきます。研修の受講にあたっては、各研修の参加資格が明確にされているため、自らのペースで次のステップの研修を申し込み、参加していただきます。
これらの教育プログラムによって、ヒト・モノ・カネ・情報を動かす店舗経営の責任者として、的確な判断が下せるようになるために必要な知識・技術・能力を身につけていただきます。

入社時研修

内容 ワタミの理念や活動方針などを深く理解していただきます。店舗配属後に即戦力として活躍できるように、基本姿勢・知識・スキルを高めます。
身につくもの ビジネスマナー、社会・店舗運営の基礎
時期 入社1年目4月
対象 新入社員

中級キッチン研修

内容 店舗における衛生管理、調理の基本技術となる包丁の扱い方を学びます。包丁の研ぎ方、切り方などを店舗で指導できるための知識を学びます。
身につくもの 食品衛生の基礎、包丁の取り扱い方
時期 入社1年目7月
対象 入社時~ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員

中級ホール研修

内容 ホール担当者として必要な宴会・フロントの役割や、電話予約の受付、クレームの対応の仕方、棚卸などの月間業務について学びます。
身につくもの ホール責任者に向けての専門スキル
時期 入社1年目9月
対象 入社時~ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員

時間帯責任者研修

内容 トレーニング・フィードバックなど「人を活かす」技術を学びます。店舗の運営責任者として必要な考え方、判断基準、不測の事態に対処できるようリスク管理の知識を学びます。
身につくもの 基本的な店舗運営スキル
時期 入社1年目10月~
対象 「中級キッチン」「中級ホール」ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員

上級キッチン研修

内容 鮮魚の取り扱いなど、包丁技術の更なる習得を目指します。またメニュー変更時の業務などキッチン管理に必要な専門知識を学びます。
身につくもの キッチン管理者としての専門スキル
時期 入社1年目11月~
対象 「時間帯責任者研修」受講終了後、ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員

副店長育成研修

内容 リーダーシップ・コミュニケーションなど「人を動かす」技術を学びます。また、損益計算表の見方、店舗の具体的な数値改善の考え方を学びます。
身につくもの 店舗数値を改善するための考え方
時期 入社1年目1月~
対象 「時間帯責任者研修」受講終了後、ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員

店長育成研修

内容 年間予算・月間計画作成方法、労務管理、など店舗責任者としてどのような存在で何をすべきかを学びます。
身につくもの 店長として店舗運営するための基礎的知識全般
時期 入社1年目2月~
対象 「副店長研修」「上級キッチン」受講終了後ハンドブックの該当箇所について上司の承認を得ている社員
「防火管理責任者」「食品衛生責任者」の資格を習得していること

母店店長業務研修

内容 新入社員受入、採用教育、人や店舗のマネンジメントを学びます。
身につくもの 新人教育に関する知識
時期 およそ入社3年目~
対象 母店店長

※母店:新しく入社した社員を受け入れる店舗。

▲ このページのトップへ