社員採用情報トップ > 夢中になるとは > 店長の挑戦

店長の挑戦

一つひとつの経験と 気づきが、未来の夢を つくっていく。ゼネラルマネージャー2009年入社

ゼネラルマネージャーの写真1

思いの強さ、人とのつながりが、 自分の成長機会を広げてきた。

「他の人とはアルバイトに対する思いが違うんだ!」 大学で、「然の家」でバイトしていた頃、私はそんな事を考えていました。たとえバイトでも、その会社の事をきちんと知って仕事をしたいという思いが強かった。バイトでありながら、私は当時の店長に自分の考えをどんどん伝えていました。私は店長が経営の視点からいろいろな事を判断していることにまったく気づかず「この人は本当にお店を良くしたいのかな。だったら俺が店長になった方がマシだ」なんて、生意気に思っていました。
しかし現実に「坐・和民」で社員として働き始めた時、まず良い人間関係を築く難しさに直面しました。新卒社員は、すでに人間関係ができているメンバーの中に入っていかなくてはならず、自分の考えも伝えなければなりません。そういうことは「俺が、俺が」のアルバイト時代には気づきませんでした。また、店長になってからも、自分の裁量範囲を広げすぎ、却って自分の首を絞めるような経験もしました。自分がすべてを判断するのではなく、副店長や社員と分担して責任は自分が取る方法もあったのですが、私がすべて決めて実践してしまったのです。しかし、その後メンバーと意思疎通を心がけることで、私が指示しなくても自然にあるべき姿になることができ、お互いの成長につながったのです。

ゼネラルマネージャーの写真2

また、その後リニューアル改装店として三鷹店の店長に抜擢され、私はすごく嬉しかったのですが、「和民」の模範店でもあるため会社からも厳しい目で見られ、つねにエリアマネージャーからも「本気で立ち上げる気があるのか」とハッパをかけられました。売上もかなり上げていたのですが、よく怒られ、店のフロントで「もう、この店をやるのは無理です」と訴えたこともありました。しかし、この経験が私の一つの転機になったと思います。上司は私の可能性を引き出すために強く言っていたのですが、その後は私の立場も理解してくれるようになり、素晴らしいお店が作れたのです。採用も教育も運営も、すべて自分の判断でやっていい結果が残せた。それは、私にとって大きな経験でした。

もう一度、理念に立ち返り ワタミを変える力にする。

私のこれからの目標は、まずはエリアマネージャーとして店長たちと一緒に成長していきたい。今までは店長を数年続けエリアマネージャーになる人も多かったのですが、これからは今以上に時間がかかるかもしれません。私はそんな状況の中でも、店長が夢を持って仕事ができるような指針を作っていけたらいいなと思っています。

ゼネラルマネージャーの写真3

そしてもう一つ、新業態を自分で作りたいという夢があります。それは、有機野菜や果物を使ったヘルシーなサラダバーのようなお店です。今、ハンバーガーショップやカフェがたくさん生まれていますが、私はワタミファームで作っている有機野菜などを利用した、通勤客などが毎日利用できるようなファストフード店ができたらいいなと思っています。普段、自分も仕事をしながら「最近、野菜を食べてないな」と感じることも多いですし、忙しいシングルの人の朝の定番になるようなお店を作ってみたい。実現までには、いくつも乗り越えなければならない壁がありますが、ワタミにはそんな道を開いてくれる風土がありますから。
もともとワタミの社員は一人ひとりが理念に共感して働いている会社です。会社が厳しい状態になった時、それを世の中のせい、他人のせいにしている社員がいるとしたら悲しい。私たちは、今、本当に懸命になって仕事をしているのか。世間の風評のせいにして努力してないのではないか。ワタミの中で、こんな時期であっても、伸びているお店はあります。私たちにとってこの時期こそ、成長のチャンスなのかもしれません。もう一度、ワタミグループの理念に立ち返り、新しい人と一緒に成長していけたらいいと思っています。 

▲ このページのトップへ